土居代表理事

兵庫県淡路島生まれ。
外資系食品企業にてイタリア食材のパスタ、オリーヴオイル等の製品開発、マーケティング、新規事業開発、事業提携を長年経験。海外勤務、ビジネススクール留学を通じて海外に人的ネットワークを築く。
2009年、兵庫県淡路島にてイタリア品種のオリーヴ試験栽培に成功、翌年に農業生産法人㈱南あわじオリーヴ園を設立し、本格的なオリーヴ栽培を開始した。
2013年、淡路島オリーヴ協会を設立し、淡路島でのオリーヴ産業化に向けた活動を本格的に開始、
2016年に一般社団法人化を行い、その後代表理事に就任、今日に至る。

白石理事

1956年生まれ東京出身
国内外大学で貿易流通専攻。伊藤忠商事物流グループ中近東、東欧州、北米駐在勤務経験から人間の体と精神的に大変良いものは究極的に何かと模索中に淡路島エキストラヴァージンオリーヴオイルと出会う。
こよなく淡路島を愛し、国産みの島近畿五芒星のひとつ伊奘諾神社や日本のはじまり絵島、神々の世界と地上との間に架かっていたとされる天の浮橋と大鳥居と素敵なパワースポットがたくさんあり食べ物も美味しく良質の温泉もありとても素晴らしい島です!
そのような島で「しあわせの木オリーヴ」を栽培できるなんてとても素敵な事です。

大下理事

兵庫県神戸市生まれ淡路島育ち。
米農家、肉用牛繁殖農家の嫡男。
10歳の頃に父の実家であった淡路島洲本市に引っ越し、学生時代を淡路島で過ごす。
現在は外資系IT企業にてデジタルマーケティング関連のコンサルティング業務に従事。
座右の銘は”趣味のように働き、仕事のように遊ぶ”

いつか自分の地元に貢献できることがあれば貢献したいと感じていた矢先に
淡路島オリーヴに出会い、2018年より理事として参画。

我々は淡路島にオリーヴ産業を!という志を掲げて活動してます。しかし、理事メンバーだけの力は微々たるものです。今後も関係者の皆様のお力添えを賜りながら、淡路島の社会問題にも立ち向かえるオリーヴ産業を淡路島に創っていければと強く感じております。

清水監査