1. オリーヴの知識

オリーヴの知識

  • モクセイ科の常緑樹で、地中海沿岸が原産地(中近東という説もある)。
  • 栽培、収穫し果実を加工することで、オリーヴオイル等の産物が得られる。
  • 加工品の持つ特性(健康効果等)から、世界的に栽培が拡がっている。
  • 品種が多く、栽培地域の拡大により亜種も含めて世界で1,000品種以上あると報告されている。
  • 樹木としては、生命力が強く、品種は、オリーヴオイル用、食用オリーヴ加 工品用、観賞用等に分かれる。
  • 日本には明治時代に殖産振興の目的で苗木が輸入され、試験栽培が始まった。

2. オリーヴの栽培

オリーヴの栽培

  • 地中海沿岸が主な栽培地。イタリア、スペインが2大栽培国であり、オリーヴオイル生産国でもある。
  • イタリアは小規模栽培が多く、加工品の品質が高い。
  • スペインは大規模栽培が一般的で、低コストの加工ができる。
  • オリーヴオイルの世界的な需要増から、オリーヴの栽培が世界的に広がっている。地中海沿岸国の他、アメリカ、オーストラリアで普及し、中国、日本でも始まる。

3. 日本でのオリーヴ栽培

日本でのオリーヴの栽培

  • 明治政府が殖産振興策の一環でオリーヴ苗木をヨーロッパから輸入し、各地に栽培を奨励。魚のオイル漬け缶詰を生産するために国産オリーヴオイルを必要とした。
  • 香川県小豆島が継続的な栽培に成功し、100年を経て今日に至っている。
  • オリーヴオイルの普及から、国産オリーヴオイルの需要が見込まれるために、岡山に続いて九州、淡路島で栽培が始まる。

4. オリーヴの収穫と加工

オリーヴの収穫と加工1オリーヴの収穫と加工11オリーヴの収穫と加工3

  • オリーヴは苗木植付け後3~5年で実を付け始め、秋に収穫される。
  • 手作業もしくは機械によって収穫される。
  • 収穫されたオリーヴの実はすぐに加工に廻される。
  • 搾油加工場でオリーヴオイルに搾られる。

オリーヴの収穫と加工4オリーヴの収穫と加工5オリーヴの収穫と加工6


オリーヴの収穫と加工7オリーヴの収穫と加工8オリーヴの収穫と加工9オリーヴの収穫と加工10

5. オリーヴの加工品

  1. エクストラヴァージンオリーヴオイル
  2. オリーヴの新漬け、オリーヴオイル漬け
  3. オリーヴペースト
  4. オリーヴパン、惣菜

オリーヴの加工品1オリーヴの加工品2オリーヴの加工品3
オリーヴの加工品4DOMA 淡路島オリーヴペーストオリーヴの加工品5

オリーヴの加工品6