淡路島オリーヴ協会の活動

淡路島オリーヴ協会の活動について

目的
淡路島オリーヴ協会は、兵庫県淡路島におけるイタリア原産種オリーヴの栽培を普及させることにより、島内において栽培、収穫、加工、販売に亘るオリーヴ関連産業を創出し、島内遊休地の活用、景観の維持、雇用の創出、産業化を通じた経済の活性化に資することを目的とする。
会員
正会員:淡路島内でオリーヴを栽培する個人及び法人
賛助会員:淡路島内外でオリーヴ栽培、収穫、加工、販売に協力する個人及び法人
運営
代表理事の下に事務局を置いて、事業計画に沿って運営する。
平成27年4月8日登記完了
  1. 正会員各事業者に対するオリーヴ栽培助言及び支援
  2. 正会員各事業者に対するオリーヴ栽培地整備助言及び支援
  3. 賛助会員を含めたオリーヴ事業産業化のためのネットワーク作り
  4. オリーヴ加工品生産技術と品質管理の普及と徹底
  5. オリーヴ加工品の地域ブランド化とマーケティング、販売促進活動
  6. オリーヴ関連情報の収集と正会員、賛助会員に対する情報提供
  7. オリーヴ栽培、収穫、加工、販売技術の向上のためのセミナー、視察等の企画、実行、評価、報告活動
  8. その他、当協会の目的に資すると判断される活動